柴田郡の不動産売却アドバイス 柴田郡で不動産売却をする場合、周辺情報を把握しておく事が大切です。その理由を紹介します。

Author Archives: Admin01

柴田郡での不動産売却における査定価格について

柴田郡で不動産売却をする時、査定をしてもらい、自分が売りたい不動産がどのくらいの価格で売れるのか、どのくらいの価値があるのかをチェックします。

・不動産売却の査定について

柴田郡で不動産売却を考える時、最初に不動産の価値を知るために査定をしてもらいます。

これはどこの不動産業者でもやってくれますが、査定基準は各不動産業者で違うので、当然査定額も変わってきます。

高い査定は売主にとっては嬉しく感じますが、高すぎると売れないという可能性もあります。

かといって安すぎる査定も、他の不動産業者ならもっと高い査定をしてくれる可能性があるので、すぐに決めてしまうのはおすすめできません。

何社かに査定をしてもらい、周辺情報なども参考にしながら最終的に依頼する不動産業者を決めます。

・査定の仕方

査定にも種類があります。

とりあえずネットや電話で、不動産の情報だけを伝え査定してもらう「簡易査定」と、実際に不動産を見て行う「訪問査定」があります。

簡易査定は、例えば車を売りたい時に、ネットでクルマの情報を入力して行う、査定シミュレーションと同じですから、その金額が決定ではありません。

あくまでも目安ですから、実際に不動産を見て行う訪問査定とは、金額にも違いが出ます。

・まとめ

あとは担当者の対応などを見ながら、最終的に依頼する不動産業者を決めていきます。

査定基準は業者により違うので、いくつか比較して、実績などもチェックして選びます。

柴田郡での不動産売却の流れ

柴田郡で不動産売却をする場合の流れを紹介します。

・不動産売却の流れ

柴田郡に限った事ではありませんが、不動産売却の流れは大体決まっています。

まず不動産売却を依頼する、不動産業者を探します。

それから相談や査定をしてもらい、信頼できる、安心して任せられると思ったところと契約をします。

ここから先は、不動産業者が不動産売却に向けた活動をしていきます。

購入希望者があらわれた場合は、物件に案内したり、相談を受けたり、価格についての交渉なども行います。

双方が納得したところで初めて「売買契約」を結びます。

その後必要な手続きを済ませ、物件引渡しの準備をして、物件の引渡し、手数料などの生産、残りの金額を受け取り、不動産売却はすべて完了となります。

・売り方について

不動産業者が行う販売活動については、依頼を受けた業者が購入希望者にメールをしたり、自社のホームページに情報を掲載したりしながら、購入希望者が現れるのを待ちます。

中には売りに出してすぐに購入希望者が見つかる事もありますが、なかなか現れない事もあります。

こういう時は値下げをするなど、売るための工夫も必要です。

■業界の流れを見ながら考えましょう–>(URL:http://www.mag2.com/p/news/120848

・まとめ

今すぐ売りたいという場合は、多少の値下げもやむを得ませんが、急がずゆっくり売りたい場合は値下げをせずそのままの価格でしばらく様子を見ます。

自社サイト以外にも、他の不動産情報サイトへの掲載をすれば、見る機会も増えるのでアピールの仕方もポイントになります。

柴田郡での不動産売却で参考にしたい、接客評価コメントについて

柴田郡で不動産売却をする場合に、購入希望者が現れると、仲介する不動産業者が物件や土地を案内します。

・接客評価コメントとは?

購入希望者を接客した時、接客を受けた購入希望者は、不動産売却に関する不動産業者のスタッフや担当者を評価し、それをコメントに残すのが「接客評価コメント」です。

これは柴田郡以外でも行われます。

評価内容は不動産業者により多少の違いはありますが、理解、整理、提案の項目をチェックします。

これをベースにして、いくつかの質問をしていきます。

・接客評価コメントのポイント

理解については、わかりやすく説明や話をしていたか?購入希望者の希望を理解しているか?など相手の立場になっているかを評価します。

整理は、不動産のプロとして頼りになると感じることができたか?話を聞いて優先すべき条件がはっきりしたか?などをチェックします。

提案は、リフォームに関する事やローンに関する事など、実際に購入してからの具体的な事がうまく提案できているかをチェックします。

・まとめ

これらを購入希望者からアンケート形式で評価してもらいます。

直接対話でアンケートを取るわけではないので、ハガキやPCからなど気軽に回答できます。

不動産業者のホームページにも接客評価コメントは掲載されますが、中には誹謗中傷や個人情報に関する事が書いてあるので、こういうところはチェックして、掲載しても問題ない部分だけを選びます。

中には低い評価もありますが、それも掲載している方が良いサイトと言っていいでしょう。